犬猫動物に関する記事を毎日更新(このサイトは犬猫譲渡等の動物団体とは関係はございません)

犬猫動物御殿

カリカリマシーンECO

・Guu u【猫関係動画チャンネル】

【猫記録503】てんかん2 MRIで衝撃の検査結果が!!

投稿日:

こいぬすてっぷ

検査後は小さく発作が続くものの、全身ぐでんぐでんに力が抜けてる状態が続き、このまま植物状態なのかという不安が続きました。
筋肉の収縮の問題でしょうが、顔つきもぐうちゃんではなくなんだか違う猫のよう。記憶もなくほぼ植物状態で、ただ生きていてくれることが正しいのか・・

MRIの病院から かかりつけ院へ搬送後、半日入院をするための承諾書に万が一の場合蘇生をするかという質問にNOと答えました。
この体力で蘇生しても何日も持たないだろうと思ったからです。なるべく辛い思いはさせたくありませんでした。

正直に申し上げますと、元来ペットの生死についてはありのままを受け入れる、過度な治療はしない考えの人間でした。
しかしどこからが過度な治療になるのかもわかりませんし明確な線引きはしていませんでした。
せいぜい老猫の状態で手術はしないぐらいしか決めていませんでした。

ただ、体力が少し回復した頃の同じ質問にはかぶせ気味でYES!と答えました。欲が出たのです。ぐうちゃんともう少し長く一緒にいたい。この体力なら一回ぐらい心臓止まってももう少し頑張れるだろうと予測の上です。
全てが飼い主によって判断されるので客観的に不憫ではあり、複雑でした。

これに関しては病院の有無や経済的な面、賛否両論、飼い主の数だけ考えがあると思いますので、否定的なご意見にご返答するつもりはございません。
我が家はたまたま治療できる状況下で複雑な思いを抱えながらも、目の前の出来ることに取り組んでいった結果たまたま助かった、という事だと思います。

ペットにとって何がベストで、どこまで飼い主のわがままを押し付けていいのか、中間点を探る難しさを痛感しました。

カリカリマシーンECO モグニャンキャットフード

犬猫コミュニティーチャット

LOADING...

【アクセスランキング】

-・Guu u【猫関係動画チャンネル】

Copyright© 犬猫動物御殿 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.