犬猫動物に関する記事を毎日更新(このサイトは犬猫譲渡等の動物団体とは関係はございません)

犬猫動物御殿

カリカリマシーンECO

・犬種「パグ」

【犬猫動物動画まとめ】うちのパグ すごい食べっぷり! いなばのちゅ~るを与えてみた。『おまめ日記』《ブサかわパグ動画》

投稿日:

こいぬすてっぷ

チャンネル登録は、こちらから→ http://ur0.biz/GjXL
Twitter→ https://twitter.com/comeee56
#おまめ日記 #うちのパグ #天才パグ
★★人気の動画★★★
パグを飼おうと考えている方々へ ブサかわパグについてお話します(赤ちゃんから成犬まで)
→ https://youtu.be/HAT0hDphV4M
飼い主をバカにしている仕草が可愛いんです(笑)『おまめ日記』
→ https://youtu.be/76rWhjtJNlg
これがパグだ! ブサかわパグの魅力 デリケート・ツンデレで、プライドのある犬ってことを証明します(笑)
→ https://youtu.be/BKIBv5XHIsM
おはよう、おまめ! 上を向いて、イビキをかいて寝ているパグを起こすと、こうなります(笑)
→ https://youtu.be/nLnMOjKoFq8
ご飯の真っ最中に、救急者のサイレンが近づいてきたら、こうなります(笑)
→ https://youtu.be/57faYnCO9yY
わが家に赤ちゃんパグがやって来た(初日) 目茶苦茶かわいい
→ https://youtu.be/gn_gskcZh88
★★お勧め動画★★
【パグ】面白くて可愛いって!?究極の癒しや…【pug】
→ https://www.youtube.com/watch?v=tzjQYaxMPjw

■□■□1代目パグについて■□■□
先代のパグ(以下、パグ。名前も「パグ」でした)は、わが家に迎え入れたときから、
すでに先天性の重度の心臓病(心室中隔欠損・大動脈狭窄症)を患っていました。
獣医師から、
「何もしなかったら3ヶ月、治療をしても3年程しか生きれないでしょう」
と余命の宣告を受けていました。

勿論、治療を受けさせました。そのつもりで、引き取りました。

心臓専門の動物病院を紹介してもらい、
熱心な獣医師と親切なスタッフさんたちにも恵まれて、
8年2ヶ月も生きることができました。

飼い主であるパパとママは、ただただ必死だったのですが、
パグのほうも、もっともっと辛かったと思います。しんどい思いをしていたと思います。
部屋の隅には、常に酸素ボンベを置いている状態でした。

最後の約2年間は、心臓病の末期症状の腹水が溜まりはじめ、
毎日の心臓病の薬の副作用で肝臓も限界まで弱ってきていて、
さらに利尿剤を飲ませると腎臓まで悪くなるので、
溜まっていく腹水は10日間に一度通院して抜いていました。

体重は、動き回っていたときの半分くらいまで落ちてしまいました。
毛も抜け落ちて、尻尾まで細くなりました。

2015年12月22日の真夜中の3時過ぎのことでした。

その夜は、夜更かしをしてパソコンで作業をしていました(パパ談。以下、主語はパパ)
すると隣の部屋で寝ていたパグが起きてきて、「ご飯が食べたい」という仕草をしてきました。
口移しで食べ物を与えると、
パグは水を飲んで、また隣の部屋の寝床に戻って行きました。

その後、15分ぐらいして「そろそろ寝ようか」と隣の部屋に行くと、
いつもは布団の足下で寝ているパグが、枕元で横になっていました。
「パグ、今夜はここで寝るのか?」
とパグの頭をさすってやりました。
と、その時、直感しました。
・・・・死んでいる。

そっと抱きかかえると、
心臓に手を当ててみました。
まだ生きているように体温はあるのですが、
心臓の鼓動は伝わってきませんでした。

そして、特に取り乱すこともなく、こう思いました。
「パグ、ありがとう。苦しかったね。これで楽になれるね」

早速、インターネットで検索して、動物の葬儀屋さんに連絡しました。
その日のうちに火葬をしてやることができました。
真っ白い骨になっているパグの骨の中に、大きな黒いモノがありました。
「これは、何ですか?」
と立ち会ってくれていた葬儀屋の方に尋ねると、
「心臓です」
心臓病によって心臓が肥大化していると、焼け切れずに残ることがあるということでした。

その後、お世話になった動物病院に電話で報告しました。
何度か担当医が変わっていて、転勤されていた獣医もおられたので、
連絡先を聞いて、その先生方にもパグのことを伝えました。

最初の1年目のパグを担当しくれた獣医さんは、県外に移転されていました。
約8年前に、お世話になった獣医です。
電話をすると、
「覚えていますよ」
と優しい声で応えてくれました。
「パグのような鼻の低い犬(短頭犬種)は、他の小型犬とくらべて寿命が短いんです。
あの心臓で8年も生きたなら、天寿をまっとうしたと思ってやるべきですよ」

数日後、通院していた心臓専門の動物病院(関西動物ハートセンター)から、
「パグちゃんのご冥福をお祈りします。スタッフ一同」
というメッセージカードが添えられた、大きな花束が届きました。

パグ、
心臓が悪かったせいで、
犬らしく走り回ったり、
はしゃいだりして遊べなかったけれど、
いい人たちに恵まれて、よかったね!
虹の橋では、思いっきり遊びなよ!

パパもママも、
パグには、心からこう伝えたいです。
「わが家に来てくれて、本当にありがとう」

パグが亡くなってから、まだ悲しみも癒えていない、ほんの半年後のことでした。
色々と経緯はあるのですが(省略します)、
2代目のパグを迎えることになりました。

先方には「パグの一周忌を迎えてからでいい」と伝えてはいたのですが、
「いつ引き取りにきますか? いつでもいいですよ」
と電話がかかってきたのが、
そろそろ寒くなろうとする秋の日の、土曜日の昼過ぎだったと思います。
「えっ! もう連絡がきた?!」と思いながらも、
翌日の日曜日には引き取りに行きました(笑)

3匹兄弟の中で、一番の「やんちゃ坊」ということでした。

「おまめ」という名前は決めていました。
先代のパグが、そもそも小柄だったのに、
心臓病を持っていたので、常に食事制限をしていました。
それゆえ「豆柴」ならぬ「豆パグ」のように痩せ細っていました。

だから、2代目のパグは大きく育って欲しいという願いを込めて、
「大きな」「豆」で、「おまめ」と名付けました(笑)

先代のパグは病気のことで頭が一杯だったので、
今はいつでもスマホで写真や動画が撮れるのに、あまり撮影していませんでした。
目に見える思い出があまりに少ないのです。

だから、おまめは記念日やイベントがあるときだけではなく、
普段の何気ない生活も、たくさん動画や写真を撮ってやろうと思っています。

こんなパパとママと、
うちのパグ おまめですが、
どうぞよろしくお願いします。

チャンネル i am Pug! 管理者より

カリカリマシーンECO モグニャンキャットフード

-・犬種「パグ」

Copyright© 犬猫動物御殿 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.